食卓を彩る「かける雲丹」を北海道から

5つのこだわり

雲丹醤油をかけたたまごかけご飯の写真

雲丹を手軽に楽しめる

海産物の中でも最高級とされる雲丹を
もっと手軽に楽しめて、
食卓で使っていただけるように作りました。

美味しそうなウニの写真

雲丹の味を最大限に引き出しました。

雲丹をふんだんに使い、
濃厚さ、コク、香りを
最大限に引き出した美味しい醤油です。

雲丹醤油をお皿に注いだ写真

こだわりの醤油。

ベースとなる醤油にもこだわり、
雲丹の旨味を最大限に
引き出す醤油を使っています。

雲丹醤油の製造風景の写真

醤油を知る尽くした醤油蔵との共同開発。

北海道で創立75年以上続く、
醤油を知る尽くした醤油蔵との
共同開発によって美味しい雲丹の醤油が
出来ました。

ごはんに乗せた卵に雲丹醤油をかけている写真

いつもの料理がさらに美味しく。

この雲丹醤油は、
イカの刺身、冷奴、パスタに相性バツグンです。
中でも、なんといってもおすすめは、
「たまごかけご飯」。ぜひお試し下さい。

お客様の声

白いご飯にかけるだけでウニ丼のようになります。これで何杯でも食べられます。手土産にしても最高です。

卵かけご飯に、白身魚のお刺身、もちろん、白米にかけても間違いなし!飽きずにリピート注文します。

白いご飯にかけるだけでウニ丼のようになります。これで何杯でも食べられます。手土産にしても最高です。

卵かけご飯に、白身魚のお刺身、もちろん、白米にかけても間違いなし!飽きずにリピート注文します。

白いご飯にかけるだけでウニ丼のようになります。これで何杯でも食べられます。手土産にしても最高です。

卵かけご飯に、白身魚のお刺身、もちろん、白米にかけても間違いなし!飽きずにリピート注文します。

レシピの紹介

究極の卵かけご飯

究極の卵かけご飯

材料
1個
雲丹醤油
大さじ1
ご飯
1膳
作り方
  1. 1卵を黄身と白身に分け、白身はツノが立つくらいのメレンゲに泡立てる。
  2. 2温かいごはんの上に1のメレンゲをのせ、真ん中に黄身をおとし、雲丹醤油をまわしかける。
雲丹醤油焼きおにぎり

雲丹醤油焼きおにぎり

材料
[A]雲丹醤油
大さじ1
[A]マヨネーズ
大さじ1
ごはん
300g
ごま油
適量
作り方
  1. 1ボウルに[A]を入れよく混ぜ、そこに温かいご飯を入れてよく絡ませる。
  2. 2おにぎりの形に成形し、多めのごま油を熱したフライパンで両面焼き目がつくまでしっかり焼く。
豆乳クリームうどん

豆乳クリームうどん

雲丹醤油のコクが、クリーミーな豆乳とベストマッチ、より一層、香りと旨味が増します。

材料
冷凍うどん
1玉
豚肉(しゃぶしゃぶ用)
50g
[A]豆乳
200cc
[A]白すりごま
大さじ1
[A]雲丹醤油
大さじ2
しめじ
50g
青しそ
お好みで
作り方
  1. 1鍋に湯を沸かし、冷凍うどんと豚肉を茹でる。
  2. 2別の鍋に[A]としめじを入れて中火にかけ、しめじに火が通ったら1のうどんと豚肉を入れ胡椒を振る。この際沸騰させないように注意する。
  3. 3全体に火が通ったら盛り付け、千切りにしたシソを乗せ、雲丹醤油(分量外)をまわしかける。
豚肉の雲丹醤油焼き

豚肉の雲丹醤油焼き

意外な組み合わせで驚きの美味しさ、豚肉の旨味と焼けた雲丹の香ばしさが食欲をそそります。

材料
豚肉
200g
塩胡椒
適量
小麦粉
大さじ1
バター
20g
[A]雲丹醤油
大さじ2
[A]生姜すりおろし
大さじ1
[A]酒
大さじ3
レモン絞り汁
1/4個
作り方
  1. 1豚肉の両面に軽く塩胡椒を振り、小麦粉をまぶす。
  2. 2熱したフライパンにバターを入れ、豚肉を両面焼き目がつくまでソテーし、[A]を入れ軽く煮詰める。
  3. 3最後にレモンの絞り汁をまわしかけ、皿に盛り付ける。
アボカドナムル

アボカドナムル

アボカドの滑らかな口当たりと、雲丹醤油とゴマの香りがよく合います。

材料
アボカド
1個
[A]雲丹醤油
小さじ1
[A]ごま油
小さじ1
[A]白ごま
大さじ1
作り方
  1. 1アボカドの皮をむき、角切りにする。
  2. 2アボカドと[A]の全て材料を混ぜ合わせる。
コクうま肉味噌ディップ

コクうま肉味噌ディップ

雲丹醤油のコクと旨味が、肉味噌をより豊かにしてくれます。

材料
ごま油
大さじ1
にんにく
1かけ
長ネギ
1/3本
豚ひき肉
100g
[A]雲丹醤油
大さじ2
[A]酒
大さじ3
[A]みりん
大さじ1
作り方
  1. 1にんにく・長ネギをみじん切りにし、ごま油でにんにくを香りが出るまで炒める。(中火)
  2. 2そこに長ネギと豚ひき肉を入れ、肉の色が変わったら[A]を入れ、水気がなくなるまで煮詰める。

ご購入方法

お問い合わせ